s-1
千葉中央バスが運行する唯一の夜行路線、千葉~京都線に乗車しました。
かつて京成バス、京阪バスが運行していた千葉~京都線ですが、
京阪バスが撤退し、4列シート化して京成バスが単独運行していましたが、京成電鉄グループの千葉中央バスに移管し、平日千葉~京都3,500円など活性化を講じてきました。
11月15日鎌取発より3列シート車を導入し運賃も平日5,500円に変更されました。
s-2
20時20分発車予定ですが、バスはやってきません。
しばらくして千葉中央バスの千葉営業所の方向から京都行きのバスがやってきました。
s-3
鎌取駅では2名が乗車し、20時28分に発車しました。
大網街道を千葉駅方面に進みます。
s-4
発車してすぐに車内前方のカーテンが閉じられました。
千葉中央バス本社があり、高速バス利用車用駐車場を備える鎌取インターでは乗車はありませんでした。
s-5
車内は3列シートになっていて窓側席にはフェイスカーテンがついています。
床は木目調になっていました。
s-6
実はこの車両、リクライニングが相当浅くなっています。
3C席でフルリクライニングさせて、レッグレストとフットレストを出した状態です。
公式には130°倒れるようですが、翌日乗車した700系レールスターのサルーンシートのほうが深くリクライニングしたように感じました。
s-7
まだ空いていたので隣の3B席をフルリクライニングさせてみました。
ほかの3列シートの夜行便のようなベッドに近い感覚で眠るというよりもいすに腰かけて移動するという発想なのかもしれません。
フルリクライニングさせて前席からの圧迫感を防ぐ意図があるのかもしれません。
眠りについては期待できないかもしれません。
s-8
各座席にはコンセントが設置されています。

s-9
前の席の背面には読書灯と使い捨てでないスリッパが備え付けられていました。

s-10
化粧室は車内中央にありサービスコーナーもありますが、コーヒーなどはなく、あるのはお茶のみでした。
また、紙コップはあるものの、ふたがなく、移動中に席に持って運ぶのは注意を払わなければいけないかもしれません。
s-11
最後部座席まで3列の定員28名で、インターネット購入は楽天トラベルを経由しての購入です。
楽天トラベルを経由して申し込みをした場合、1B,2B,3B,4B,6B席が割り当てられていて、窓側席には配席されません。
千葉駅で乗車してきたご夫婦は2B席3B席と縦に並んで席が指定されていました。
なお、5B席は予備席です。
s-12
始発の鎌取駅では遅れていましたが、20分ほどで千葉市中央公園までやってきました。

s-13
千葉駅は駅前大通り上の22番のりばで乗降扱いをします。
千葉駅には20時50分に到着、5名が乗車しました。
s-14
発車後、駅前バスターミナル構内を一周して方向を変えます。
千葉駅前交番はフクロウの形をした建物となっています。
s-15
富士見東電前交差点を右折し、国道14号線に進みます。

s-16
登戸(のぶと)交差点を右折します。
ここから千葉西警察署交差点の先までは国道357号線との共用区間です。
s-17
1200年の歴史を誇る稲毛浅間神社の看板がちょうど稲毛駅と稲毛海岸駅の中間地点に当たります。

s-18
検見川分流で国道14号とわかれ、国道357号線に進みます。
中瀬交差点を左折すると、海浜幕張駅はすぐ近くです。
s-19
海浜幕張駅には21時15分ころに到着。
高速バスのりばは3番ですが、21時17分に成田空港行き成田空港交通便が発車するまで待機し、その後入線しました。
21時20分の発車まで3分ほど停車しましたが、乗車はありませんでした。
s-20
湾岸習志野インターより東関東自動車道に入りました。
市川料金所で首都高速湾岸線西行きに直通し、浦安ランプで首都高速道路を流出しました。
s-21
舞浜交差点を左折し、運動公園前交差点を右折します。
浦安市運動公園の正面には岡本太郎作のモニュメント、躍動の門、
公園奥にも五大陸という同じく岡本太郎作のモニュメントがあります。
運動公園の一つ奥が東京ディズニーシーの入口になっています。
東京ディズニーシーバスターミナル4番のりばには21時40分に到着、定刻まで5分間停車していましたが、ここでも乗車はなし。
s-22
方向転換して東京ディズニーランドバスターミナルに向かいます。
東京ディズニーリゾートパートナーホテルシャトルと頻繁にすれ違います。
これは大新東の運行管理によるホテルエミオン東京ベイの車両。
(ホテルエミオン東京ベイのパートナー車のみホテル所有、大新東の運行管理のため白ナンバーになっていて、ほかのパートナーシャトル~浦安ブライトンホテル、オリエンタルホテル東京ベイ、三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ、パームテラスホテル、ファウンテンテラスホテル~は京成トランジットバスによる貸切運行で緑ナンバー車となっています。)
s-23
舞浜駅の交差点を通過します。
舞浜駅ロータリーは東日本大震災の災害復旧工事の真っただ中でした。
s-24
東京ディズニーランドバスターミナル8番に21時53分ころ到着。
ターミナルではバス待ちをしている方がいらっしゃいましたが、こちらの交代乗務員さんが尋ねたところ、奈良行きのやまと号をお待ちだったようで、こちらのバスには結局乗車はありませんでした。
s-25
東京ディズニーランド発車後、バスは左折し、東京ディズニーランド駐車場入口の交差点を右折し、
舞浜ローズタウン前交差点を右折。
舞浜交差点を左折し、再び千葉方面に向けて走行します。
二俣交差点の手前の交差点を左折、京葉線支線の高架に沿って走ります。
京葉道路の原木インターを越え、中山競馬場入口交差点を右折し、国道14号線を少しだけ走ります。
s-26
バスは西船橋駅に入ります。

s-27
京成高速バス予約センターの先の操車場が羽田空港行きや夜行高速バスののりばとなっています。
バスは22時15分に到着しました。
定刻は22時35分の発車なので、ここで開放休憩が宣言されました。
s-28
この日の車両は7313号車です。

s-29
初日は7312号車が担当していました(海浜幕張駅にて撮影)。

s-30
バスは原木インターから京葉道路に入りました。
篠崎から首都高速7号小松川線に直結し、そのまま進みます。
右手には東京スカイツリーが見えました。
s-31
錦糸町ランプで首都高速7号線を降りました。
右折し四ツ目通りを進み、押上交差点を左折、浅草通りに進みます。
s-32
東京スカイツリータウン前には定刻の23時5分に到着、
バス停は日立自動車交通のAKIBA with 634のものを共用しているようです
ここで1名が乗車しました。
s-33
駒形橋を渡り、浅草エリアに入りました。
上野駅前交差点を左折し、昭和通りを進み、台東四丁目交差点を右折し春日通り、上野広小路交差点を右折して中央通りにすすみます。
s-34
最後の乗車停留所は京成上野駅です。
ここで9名が乗車し、この日はほぼ満席の26名で確定しました。
再度上野駅前交差点に戻り、昭和通へ右折し、上野ランプから首都高速1号上野線に入りました。
23時40分ころに消灯されました。

このあと、海老名サービスエリア、遠州森町パーキングエリア、甲南パーキングエリアで乗務員さんの交代がありました。
s-35
5時15分に車内が点灯し、まもなく大津駅に到着とのアナウンスがありました。
5時19分、大津駅到着、4名が降車しました。
s-36
琵琶湖の水位情報の看板がありました。

s-37
国道1号線に入り、滋賀県京都府境付近で名神高速道路、京阪京津線と平行して走ります。

s-38
山科駅は降車希望者がいないため、駅に寄らずに通過しました。
三条京阪には5時42分に到着、2名が降車しました。
s-39
三条大橋交差点を左折し、川端通に進みます。

s-40
定刻より45分ほど早く、5時55分頃に京都駅八条口、ホテル京阪前に到着しました。