PA086391
三原から広まで呉線代行バスに乗車しました。
2018年7月の西日本豪雨で呉線が不通になり、8月11日より広~三原間の代行バス輸送が開始されました。
PA086253
三原駅の代行バスの集合場所は南口の出口にあり、乗客はここで並ぶようになっています。

PA086255
バスは芸陽バスの竹原方面行の3番のりばから出発します。
芸陽バスの路線バスも各駅で降車する場合は鉄道代行バスとして利用できます。
乗車日は祝日で、土休日は1日2本のみの運行ですが、三原営業所10時47分発→三原駅10時55分発中通(竹原営業所)行がやってきて多くの乗車がありました。
s-DSC_0890
11時25分ころにバスターミナル3番のりばに代行バスがやってきました。
中国ジェイアールバスの貸切車の644-1901号車です。
バスの入線を確認し警備員さんが代行バス集合場所に待機していた乗客にバスの乗車を促します。
集合場所に並ばずバスのりばで待っていた乗客にはバスの乗務員さんと警備員さんが制止していました。
PA086257
車内はトイレなし補助席あり座席間ひじ掛けなしの観光仕様になっていて正座席は45席あります。
高速車両では利用可能なdocomoWi-Fiも装備されていません。
PA086294
貸切車両らしく車内には灰皿が設置されていました。

PA086258
中国ジェイアールバスでは少数派になったエアロバスが充当されました。

PA086259
バス到着時の行列は10数名ほどでしたが、発車時刻が近づくにつれて乗客が増えてきます。

PA086260
39名が乗車して定刻の11時30分に発車します。

PA086261
こちらの出発と入れ違いに広9時30分発三原行呉線代行バスが中国ジェイアールバス東広島支店の貸切車、641-9902で到着します。
10分ほど遅れているようです。
PA086262
バスロータリーを出て三原駅西交差点から三原港方向に進みます。
地元以外の呉線代行バスは三原駅西交差点付近の駐車場で待機しているようです。
PA086263
つきあたりの三原桟橋間交差点を右折します。

PA086264
国道185号線を西に進みます。

PA086265
宮沖交番前交差点を左折します。

PA086266
沼田川(ぬたがわ)にかかる沼田大橋を渡ります。

PA086267
和田交差点を左折し国道185号線に戻ります。
国道を道なりに進むよりはややショートカットになったようです。
PA086268
左側に瀬戸内海が見えてきます。
向島と因島を結ぶ因島大橋がかすかに見えました。
PA086269
呉線より海側を走行します。

PA086270
須波駅は国道からやや離れた場所にあります。

PA086271

PA086272
芸陽バスの須波港口バス停を須波駅の代替停留所として使用します。
乗降はありませんでした。
各乗降停留所には「JR西日本」と書かれた幟が置かれています。
PA086273
須波港には生口島の沢港とを結ぶ弓場汽船の第七かんおんが入港しました。

PA086274
芸陽バスの須波フェリー前バス停を通過します。

PA086276
呉線と並行して進みます。
線路にはさびがついていました。
PA086277
大久野島と須波港・三原港を結ぶ弓場汽船のラビットライン、大久野島11時35分発のかがやき3号が須波港に向けて航行していました。
PA086279
左側に今治造船広島工場が見えてきました。

PA086280
安芸幸崎(あきさいざき)に到着します。
PA086281
安芸幸崎駅の乗降場所は国道上の芸陽バスの栄橋バス停を使用しています。
乗降はありませんでした。
PA086282
左側に高根(こうね)島が見えました。

PA086284
生口島と大三島を結ぶ多々羅大橋が見えました。
PA086285
呉線の上をまたぎ、呉線は海側に、国道は低い峠越えに進みます。

PA086286
三原市から竹原市に進みます。

PA086287
呉線と並行しますが今度は鉄道が海側を走ります。

PA086288
忠海港が見えました。

PA086289
忠海駅に入ります。
28名が降車し3名が乗車しました。
PA086291
忠海を発車します。
ホームと芸陽バスの忠海駅前バス停が見えました。
PA086292
呉線の線路の上をまたぎ、今度は国道185号線が海側に進みます。

PA086295
左側に電源開発竹原火力発電所が見えてきます。

PA086297
安芸長浜のホームが見えてきます。

PA086298
安芸長浜は発電所の門前にある芸陽バスの安芸長浜駅バス停で乗降を行います。
この便では乗降はありませんでした。
PA086299
竹原火力発電所の前を通過します。

PA086300
忠海を出発した時点で定刻より10分ほど遅れています。
特に渋滞は起きていませんが、乗務員さんは制限速度を厳守して走行しています。
PA086301
大乗では1名が降車し2名が乗車しました。

PA086302
左側の海の向こうに阿波島と大三島が見えます。

PA086304
竹原港が近づきます。

PA086305
竹原港には12時30分発大崎上島(垂水)行山陽商船の第七さんようが停泊していました。

PA086306
竹原港には山陽商船のフェリーがもう一隻停泊していました。

PA086308
竹原内港には契島運輸のとうほうが停泊していました(休日はとうほうは運行なし)。

PA086309
呉線の線路をまたぎます。
左奥に竹原駅のホームが見えます。
PA086311
道の駅たけはらの横を通過します。

PA086312
たけはら街並み保存地区交差点を左折します。

PA086313
交差点の先遠くに木造づくりの家が見えます。

PA086314
竹原市役所南交差点を左折し広島県道246号線に進みます。

PA086315
竹原駅に入ります。

PA086316
竹原は芸陽バスのバス停ではなく駅舎の正面で乗降扱いを行います。
定刻より8分遅れの12時20分に到着し11名が降車して同数の11名が乗車しました。
PA086317
広島県道246号線で竹原市役所南交差点まで戻り左折し国道185号線に復帰します。

PA086318
賀茂川を渡り、新本渡橋西詰交差点を通過します。
芸陽バスの西条~安芸津~竹原線が竹原市役所の北側から進みこの交差点で国道185号線に合流します。
PA086319
呉線と並行します。
線路のほうが海側ですが、竹原市内ではこの先は海に面した箇所は走行しません。
海は東広島市に進んでから再度見えるようになります。
PA086320
道路から吉名駅への案内看板が出ていますが、国道から吉名駅までは離れています。

PA086321
国道上にある芸陽バスの吉名バス停で乗降扱いを行います。
3名が降車しましたが、そのうちのひとりはきっぷを購入していなく、乗務員さんに直接運賃を支払おうとしていましたが、乗務員さんは(吉名)駅の集札箱に現金を投入するよう案内していました。
ただ、吉名バス停から吉名駅までは約800mあり、駅と代行バス乗降場所の間が最も離れている駅でした。

呉線代行バスでの運賃の支払いですが、乗車券は乗務員さんが回収していました。
乗車券を所持せずに乗車しきっぷ販売を行っている駅(竹原など)で降車する場合には降車駅できっぷを購入する旨乗務員さんが案内していました(忠海のように改札口コールシステムにより券売機で切符が購入できる駅で降車する際にも下車駅でのきっぷの購入を促していました。もっとも、先ほどの吉名でのケース以外で無札乗車は圧倒的に三原乗車忠海下車の観光客が多かったように感じました)

PA086322
国道185号線でも西日本豪雨でがけ崩れが起きている箇所がありました。
応急措置を取って仮復旧に至りこうして代行バスに乗車できています。
PA086323
木谷(東)交差点の手前で竹原市から東広島市に進みます。
平成の大合併で旧安芸津町が東広島市に編入されたため、市の中心部の西条からかなり離れた瀬戸内海まで市域になりました。
PA086324
呉の中心部まであと38kmあります。
広と呉の間は呉線の営業キロで6.8kmなので、広までは残り30kmほどでしょうか。
三原から吉名までの呉線の営業キロがちょうど30.0kmなのでちょうど中間地点といったところでしょうか。
PA086325
低い峠道に進みます。
トンネルを抜けると安芸津の市街地に進みます。
PA086328
湯盛交差点を左折し安芸津バイパスに進みます。
安芸津港付近の国道185号線の現道の道幅がやや狭いためバイパスを経由するようです。
PA086329
呉線の線路をまたぎます。

PA086330
鎌倉トンネルの手前から新道らしく整備された道を進みます。

PA086331
正面の山の山頂よりやや下で地滑りの跡が見えました。

PA086332
つきあたりの三津小学校前交差点を左折し広島県道32号線に進みます。
右に進むと蚊無峠を経由し山陽新幹線東広島駅に至ります。
PA086333
安芸津生涯学習センター前交差点を左折し広島県道207号線に進みます。

PA086335
安芸津駅に西条駅11時50分発安芸津駅行の芸陽バス1823号車が降車扱いを終えて停車していました。
折返し13時34分発西条駅行になるようです。
PA086336
安芸津に到着し3名が降車しました。

PA086337
広島県道207号線で来た道を戻ります。

PA086338
つきあたりの安芸津生涯学習センター前交差点を左折し広島県道32号線に戻ります。

PA086340
つきあたりの榊山交差点を右折し国道185号線に復帰します。

PA086341
再度左側に瀬戸内海が見えてきます。

PA086342
風早は芸陽バスの風早駅口バス停で乗降扱いを行います。
風早では降車はなく3名が乗車しました。
芸陽バスでの振替輸送はここまでです(芸陽バスは三原駅~竹原駅、竹原駅~安芸津駅、安芸津駅~風早駅で呉線に並行してバス路線があります)。
PA086344
道中空と海の色が同化するほどの好天に恵まれました。

PA086345
本土と大芝島を結ぶ大芝大橋が見えてきました。

PA086346
小さな峠を越えて下り坂にさしかかります。

PA086347
農道橋の大芝大橋の横を通過します。

PA086348
黒地トンネルで東広島市から呉市に進みます。

PA086349
三津口湾に沿って進みます。

PA086350
三津口港から先はしばらく内陸部を進みます。

PA086351
安浦駅のホームが見えてきました。

PA086352
安浦バイパス東口交差点で国道185号線が左に分岐します。
バスは直進し広島県道34号線に進みます。
PA086353
安浦駅前交差点を直進します。

PA086354
安浦郵便局入口交差点を右折します。

PA086355
つきあたりの安浦郵便局前の交差点を右折します。

PA086356
安浦は駅舎正面で乗降扱いを行います。
1名が降車し3名が乗車しました。
PA086357
安浦駅前交差点を右折し広島県道34号線に戻ります。
中央3丁目交差点で広島県道34号線が右に分岐していきます。
PA086358
呉線の線路の下をくぐります。

PA086359
広12時40分発三原行き代行バスとすれ違います。
西日本ジェイアールバス大阪高速管理所の647-4982号車が担当していました。
PA086360
国道185号線に合流します。

PA086361
安登(あと)駅が近づいてきました。
PA086362
安登駅の横を通過します。
竹原駅には105系電車が止まっていましたが安登駅には227系電車が止まっていました。
PA086363
安登は安浦交通の安浦地区生活バスの診療所前バス停を乗降場所としています。
2名が降車し3名が乗車しました。
PA086364
内陸側を走行し小さな峠道にさしかかります。

PA086365
緩やかに上ります。

PA086367
峠を越えて下り坂に変わると左側に瀬戸内海が再度見えてきました。

PA086368
神田造船所の横を通過します。

PA086369
安芸川尻は広島電鉄の川尻駅バス停を使用します。
降車はなく3名が乗車しました。
安芸川尻は駅前のスペースが狭く、10月14日から広~安芸川尻間の呉線の運行が再開されますがバスの転回の場所がないため代行バスは三原~安芸川尻間ではなく三原~広間の運行が継続されます。
PA086370
安芸川尻の駅舎の前を通過します。

PA086371
呉市の市街地に進みます。
列車は通らないものの出発信号機は停止を現示したままになっています。
PA086372
左側遠くに瀬戸内海が見えます。

PA086373
川尻トンネルに入ります。

PA086374
トンネルを抜けると安芸灘大橋を経て下蒲刈島方面への広島県道74号線が分岐します。

PA086377
左側に安芸灘大橋が見えました。

PA086378
川尻駅から広島電鉄(旧呉市交通局)のバスが走りエリアになり広電バスとすれ違います。

PA086379
仁方第二トンネル東口交差点から左に進みます。

PA086380
国道185号線より呉線寄りを進みます。
仁方駅の手前に仁方港への案内看板が見えましたが、国鉄仁堀連絡船をはじめ航路は次々と廃止され現在は仁方港からの定期船は運行されていません。
PA086381
仁方は道路上の広島電鉄の仁方駅前バス停を使用します。
1名が降車し1名が乗車しました。
PA086382
仁方第二トンネル西口交差点で国道185号線に戻ります。
呉の中心部まで10kmの案内看板を通過します。
PA086384
仁方第一トンネルをくぐります。

PA086385
広駅前交差点を左折し広島県道281号線に進みますが、281号線は総延長は37mしかありません。

PA086386
広駅ロータリーに入ります。
13時40分発三原行代行バスが止まっています。
PA086387
定刻より14分遅れて13時34分に広に到着しました。
遅れがなければ15分の待ち合わせで13時35分発広島行快速列車に接続しますが、呉方面に向かう乗客はあわただしく乗り換えていきました。
広駅の駅員さんが乗車券の回収、チェックがてら快速列車の出発を待たせていました。
PA086389
13時40分発三原行は中国バスの中型路線バス車両のN1836号車が担当していました。
出発前から車内には立ち席の乗客が数名いました。
PA086388
三原から運行した中国ジェイアールバスは回送されていきました。