PB044622
多度津から大歩危までJR四国の観光列車、四国まんなか千年ものがたり号に乗車しました。
PB044605
多度津駅。
四国まんなか千年ものがたり号は4番ホームから発車します。
2017年4月から運行を開始した四国まんなか千年ものがたり号は185系気動車3両編成での運転です。
PB044626
1号車「春萌(はるあかり)の章」はキロ185-1001(←キハ185-14)

PB044625
2号車「夏清(なつすがし)の章」「冬清(ふゆすがし)の章」はキロ186-1002

PB044610
2号車は車両中央部から東側を向く4名ブロック+4名ブロック+3名ブロックのロングシートです。

PB044659
2号車トイレ横の洗面台は大谷焼でできていました。

PB044609
2号車の車端部には展示用の小物が飾られていました。

PB044624
3号車「秋彩(あきみのり)の章」はキロ185-1003(←キハ185-3102←キハ185-1002)

PB044606
3号車のキロ185-1003に入ります。
ドア側手前に2人がけテーブルと4人がけテーブルがそれぞれ3組、運転台側に窓向き横向きのカウンター席が左右それぞれ3席計24席です。
PB044608
車掌さんは3号車に乗務しています。

PB044607
3号車の4人がけテーブル席の10番AD席に座ります。

PB044611
定刻の10時21分に発車します。
多度津駅長さんをはじめとした駅員さんのお見送りや
PB044612
多度津運転区の職員さんのお見送りがありました。

PB044613
列車は予讃線から左に分かれ、土讃線に進みます。
車端部には運転席からの前面展望が液晶画面に映るようになっています。
PB044614
金蔵寺を通過し善通寺に停車します。
3号車に15名ほどの団体の乗車がありました。
PB044615
田園地帯を走行します。
進行方向左端に小さく讃岐富士こと飯野山が見えます。
PB044623
琴平に停車します。
駅舎に面した2番ホームに到着し10時34分から48分まで停車します。
PB044619
駅舎の大歩危寄りには四国まんなか千年ものがたり利用者用の待合室、ラウンジ大樹があります。

PB044616

PB044617
待合室内には寄贈された黄金金華畳が置かれていました。

PB044618
ラウンジからは駅の外に出ることができるようになっています。

PB044627
定刻に発車します。
ラウンジのさらに阿波池田寄りには四国まんなか千年ものがたり号の事務局があり、その職員さんのお見送りがありました。
3号車のボックス席は反対側には席はなく荷物置き場があります。
気兼ねなく反対側の席の景色を見ることができるようになっています。
また、荷物置き場にはコンセントが一口設置されています(この写真ではピンクのかばんの上の棚にあります)。
PB044628
進行方向右側に金刀比羅宮が見えました。

PB044630
讃岐財田で11時03分から12分まで運転停車し
岡山10時05分発高知行き南風5号に抜かれます。
PB044631
讃岐財田に停車中に食事の提供が始まりました。
讃岐三畜と旬の地元野菜の洋食プレート

PB044633
進行方向右側に滝壺がありました。

PB044634
坪尻トンネルを抜けて香川県から徳島県に進みます。
坪尻で停車するため本線から引き込み線へ進みます。
PB044636
引き込み線側の左側には川が流れていました。

PB044640
乗務員さんが3号車に移動し後退で坪尻駅に入ります。

PB044638
坪尻には11時28分に到着し11時41分まで停車しました。
JR四国で5駅にしか設置されていないらぶらぶベンチがありました
(他は大歩危、安和、江川崎、下灘にあります)
PB044639
駅舎を出ると「マムシに注意」の看板がありました。

PB044637
高知10時13分発岡山行南風10号が本線を通過していきました。

PB044641
出発時刻になり、本線側の出発信号が進行を示し列車は出発しました。

PB044642
進行方向右側に吉野川が見え、三好市の中心部に進みます。

PB044643
右側に吉野川にかかる赤い橋、三好大橋が見えました。
奥に徳島自動車道が見えます。
PB044645
箸蔵を通過し列車は右に急カーブを切り半ループのように方向を変えます。
先ほどの三好大橋と徳島自動車道の間付近にこれから向かう阿波池田駅があります。
PB044646
上り線の「そらの郷紀行」の食事を提供する東みよし町の「味匠 藤本」のスタッフさんが旗を振ってお見送りをします。
PB044649
徳島自動車道と一緒に吉野川を渡ります。

PB044647
名鉄観光バスの貸切バスが徳島方向に走っていきました。

PB044650
阿波池田の手前くらいで次の料理が出されました。
讃岐牛入りハッシュドビーフ バターライス月桂樹の香りです。
PB044651
沿線に列車の到着を歓迎する看板が立てられていました。

PB044653
山々の木々が色づき始めていました。

PB044658
阿波池田には12時00分に到着し10分間の運転停車です。

PB044654
阿波池田駅の売店がお酒の出張販売を行っていました。

PB044657
ホームの端にはかずら橋のミニチュアがありました。

PB044660
阿波池田を出発し食後のコーヒーとデザートのマドレーヌとクッキーが出されました。

PB044661
吉野川を渡ります。
水面に日差しが反射するのが見えました。
PB044662
国道32号線に沿って進みます。

PB044663
左側には山の上へと続くくねくねの道が見えました。

PB044665
吉野川も上流にさしかかり、川岸が渓谷になりつつあります。

PB044666
阿波川口を通過します。

PB044667
いろいろな仮装の狸のお見送りがありました。

PB044668
川をさかのぼるように進み、吉野川の流れが速くなりつつあります。

PB044669
小歩危峡が見えてきました。

PB044670
川下りの舟が見えました。

PB044671
小さな川が吉野川にそそぎます。

PB044673
小歩危を通過します。

PB044674
山城の鉄橋で吉野川を渡ります。

PB044677
進行方向右側に大歩危峡が見えてきます。

PB044678
川向こうの道の駅大歩危から多くのひとがこちらに手を振ってくださいます。

PB044679
道の駅には妖怪屋敷と石の博物館が併設されています。

PB044680
終点の大歩危に到着します。
改札口には平成23年に阿波池田駅から委嘱された駅長のこなきじじいが立っています。
PB044681
ほら貝を吹いての歓迎がありました。

PB044682
大歩危駅のホームにも祖谷のかずら橋のミニチュアがありました。