P8193858
元箱根港から箱根湯本駅まで箱根登山バスの箱根新道経由便に乗車しました。
P8193857
芦ノ湖の湖畔にある元箱根港バス停。
元箱根港・箱根町港と箱根湯本駅を結ぶ路線は国道1号線経由、旧東海道(神奈川県道732号線)経由がありますが、平日の箱根湯本方面行には箱根新道を走行する急行便があります(土曜ダイヤ・休日ダイヤには箱根湯本側からの箱根町方面行もあります)。
元箱根港13時30分発は箱根湯本駅止まりです。
箱根登山バスの三菱エアロスターの大型バスがやってきました。
発車10分以上前に乗車を開始していて最初は車内にぱらぱらとしか乗車はありませんでしたが、発車直前になり乗車が増え、ほとんどの座席が埋まって定刻に発車します。
なお、車内の座席は郊外型でふたり掛け席がほとんどです。
P8193859
13時30分に発車します。
箱根登山バスの誘導員さんに導かれてバス停を出発後右折し国道1号線に進みます。
P8193860
R系統は箱根新道経由便を示します。

P8193861
片側1車線道路を南に進みます。

P8193862
箱根新道線は急行便と表示されていますが、箱根町港までは各停留所で乗降扱いを行います。

P8193863
箱根関所跡バス停に向かいます。

P8193864
箱根関所跡バス停で数名が乗車し立席乗車が始まりました。

P8193865
三島駅12時45分発発元箱根港行の東海バスオレンジシャトル特急便とすれ違います。

P8193866
箱根町港に向かいます。

P8193867
箱根町港バス停に入ります。

P8193868
箱根町港バス停では10名ほどが乗車し車内はぎゅうぎゅう詰めになりました。

P8193869
箱根登山バスの待機場も兼ねています。

P8193870
箱根関所南交差点を左折して神奈川県道75号線、椿ラインに進みます。

P8193871
上り坂を進みます。

P8193873
芦ノ湖大観インターより箱根新道に進みます。

P8193874
箱根新道に入ると急な下り坂に変わります。

P8193875
急坂のほかに急カーブも続きます。

P8193876
ブレーキ故障者用の待避所が設けられています。
はとバスの貸切車とすれ違います。
P8193877
平日は箱根新道を芦ノ湖方面に登る営業のバスはないのですが、回送の車両とはすれ違います。

P8193878
急カーブが続く七曲りにさしかかります。

P8193879
次のブレーキ故障車待避所が現れました。

P8193881
箱根の山々の右下にこれから通る道が見えました。

P8193882
前ドアのすぐ横にまで立席の乗客がいます。

P8193883
半径54mの急カーブが現れます。

P8193884
左奥に別荘地と思われる建物が見えます。

P8193885
新畑宿橋バス停は乗降なく通過しました。
箱根湯本に向けて高度を下げ続けます。
P8193886
木々の間に奥湯本温泉郷がかすかに見えました。

P8193887
奥湯本温泉の旅館街が見えました。

P8193889
最後のブレーキ故障車待避所の横を通過します。

P8193890
箱根登山バスの回送車とすれ違います。
Rの表示があるので折返し箱根新道線で下るのではないかと思われます。
P8193891
箱根本線料金所の跡を通過します。

P8193892
山崎インターで箱根新道を降ります。
山崎インターは箱根湯本駅よりやや小田原寄りにあるため、今度は国道1号線を箱根湯本方向に登ります。
P8193894
東三枚橋バス停は乗降なく通過しました。
バス停の先で旧東海道の神奈川県道732号線が分岐します。
P8193895
箱根登山鉄道の線路に沿って進みます。
三枚橋バス停も乗降なく通過しました。
P8193896
小田急車両で運行される箱根登山鉄道の小田原行とすれ違います。

P8193897
箱根登山バスの小田原駅行とすれ違います。
箱根湯本駅が見えてきました。
P8193898
VSE車両のはこね26号が停車していました。

P8193899
箱根湯本駅は箱根登山バスと伊豆箱根バスがバス停を共用しています。

P8193900
ほぼ定刻の14時00分に終点の箱根湯本駅に到着しました。