DSC00683
東京から伊豆急下田まで踊り子107号に乗車しました。
DSC00684
東京駅9番ホーム。
踊り子107号はここから発車します。
185系の登場時の復刻塗装のA5編成が充当されました。
DSC00686
グリーン車の4号車に乗車します。

DSC00690
前後12列の定員48名で足置きはありますが座席間のひじ掛けはありません。

DSC00693
窓は15cmほど開きます。

DSC00685
普通席はリクライニングシートに換装され座席間ひじ掛けもあります。

DSC00695
9・10番ホームの隣の新幹線14番ホームから発車したのぞみ221号と同時に定刻の10時00分に発車しました。
品川まで並走します。
4号車は4名が乗車しました。
DSC00696
最初の停車駅は品川です。

DSC00697
多摩川を渡り神奈川県に入りました。

DSC00698
川崎に停車します。
5番ホームには南武線のE233系が停車していました。
DSC00700
東神奈川の手前で横浜線の電車を追い抜きます。

DSC00702
横浜は6番ホームに到着します。
5番ホームでは回送列車がこちらの発車を待っていました。
DSC00704
大船に到着し、東京を8分前に発車した籠原発熱海行を抜きます。

DSC00705
横須賀線が分岐します。

DSC00706
鎌倉総合車両所の横を通過します。

DSC00707
小田急江ノ島線が乗り入れる藤沢を通過します。

DSC00708
鴨宮付近で遠くに海が見えました。

DSC00709
伊豆箱根鉄道大雄山線の列車が見え小田原に停車します。

DSC00710
西湘バイパスと真鶴道路の石橋インターチェンジ付近を通過します。

DSC00713
相模湾が見える区間に入りました。

DSC00714
神奈川県最後の駅、湯河原に停車します。

DSC00715
静岡県に入りました。
熱海市の伊豆山温泉付近を通過します。
DSC00716
熱海に到着します。
4号車に熱海から2名が乗車しました。 
DSC00717
熱海からは伊東線に進みます。
伊東線は次の来宮から先は単線で、来宮で運転停車しスーパービュー踊り子2号の到着を待って発車しました。
DSC00718
網代湾が見えました。

DSC00719
伊東線内で途中唯一客扱いする網代に停車します。
DSC00720
宇佐美でアルファリゾート21の5642Mとすれ違います。

DSC00722
国道135号線とサンハトヤが見えてきました。

DSC00723
伊東に到着します。
待避線には7月から運転開始する651系改造のリゾート列車、IZU CRAILEが停車していて、乗務員さんの訓練が行われました。
DSC00725
伊東から先は伊豆急行線に進みます。
最初の停車駅は伊豆高原で、6両編成のうちの後方3両を切り離した熱海発伊豆急下田行5639Mを抜きます。
DSC00726
駅前に源泉のある伊豆熱川に停車します。

DSC00727
リゾート21の黒船電車と行き違い交換をします。

DSC00728
伊豆熱川から伊豆稲取までの区間は海岸線に沿って走ります。
遠くに伊豆大島が見えました。
DSC00730
伊豆稲取に停車します。

DSC00733
次の停車駅の河津では踊り子106号と行き違い交換します。
あちらも踊り子号登場時の復刻塗装でした。
DSC00734
河津川を渡ります。
2月から3月にかけては川岸の河津桜の花が咲いてにぎわいます。
DSC00735
稲梓(いなずさ)では熱海行の8000系車両とすれ違います。

DSC00736
左側に寝姿山が見えてきました。

DSC00737
踊り子107号は定刻の12時36分に伊豆急下田に到着しました。