s-9defa6b4-s
勝浦から君津までニューなのはな使用のリゾートあわトレインに乗車しました。
DSC00151
かつうらビッグひなまつり開催中の勝浦駅。
リゾートあわトレインは週末を中心に君津~安房鴨川間を運転している臨時列車ですが、
ひな祭り開催期間中は安房鴨川~勝浦間を延長運転していました。
DSC00153
かつうらひな祭り号として運行されているリゾートやまどりと253系電車が待避線に待機していました。
DSC00162
13時13分に君津からの下り便が到着しました。
折返し上りのリゾートあわトレインになります。
DSC00161
方向幕は「臨時」表示でした。

DSC00158
1~3号車と5号車は指定席で海側はボックスシート、山側はお座敷にセットされています。

DSC00157
4号車はイベントスペースとして座席の販売はありません。
この日は勝浦ビッグひな祭りにちなんでひな人形が展示されていました。
DSC_0002
JR千葉支社のマスコット、駅長犬の出迎えがあります。

DSC00165
指定席はボックスが埋まるくらいの乗車で定刻の13時44分に発車しました。

DSC00169
発車してすぐ左側に外房の海が見えてきました。

DSC00150
安房鴨川までの外房線では数回海が見えますが、やや遠めに見える程度です。

DSC00174
かつてあったレジャー施設の名残の行川アイランドを通過します。

DSC00176
内浦海岸や温泉ホテルが見えてくると安房小湊に停車します。

DSC00177
安房小湊では普通列車とのすれ違いのた14時1分から21分まで20分間停車します。

DSC00178
安房鴨川発千葉行普通列車が到着しました。
引き込み線には安房鴨川発新宿行新宿わかしお号に使われる255系電車が待機していました。
DSC00180
海は波がやや高い状態でした。

DSC00182
安房鴨川には14時32分に3番線に到着し、7分間停車します。
2番線には外房線経由の千葉行の列車が停車していました。
DSC00183
この先館山までは各駅に停車します。
安房鴨川でまとまった乗車がありました。
雨が降り出してきました。
DSC00184
太海では館山発安房鴨川行の普通列車とすれ違いました。


太海~江見間の山生(やもめ)橋梁では減速して運転されました。

DSC00187
内房線区間でも安房鴨川~竹岡間ではところどころで海が見えました。

DSC00189
駅前に道の駅があり、ホームに菜の花が咲き乱れる和田浦に到着します。

DSC00193
和田浦では14時56分から15時06分まで10分間停車します。
道の駅和田浦WA・Oにはシロナガスクジラの骨格標本が展示され、ホームからも見ることができます。
DSC00195
485系ニューなのはなと菜の花。

DSC00196
南房総市の中心部の千倉でも乗車がありました。
館山発安房鴨川行普通列車とすれ違いがありました。
DSC00198
九重ではホームに梅が咲いていました。

DSC00199
館山ではこれまでで最大の乗車がありましたが、わたしの乗車した3号車には乗車はありませんでした。

DSC00202
ボックスシートも向かいの座席との間隔が広く、ゆったりと乗車できました。
館山を過ぎると再度雨が降り出し、それも強く降るようになりました。
DSC00203
館山から先は再度快速運転になります。
岩井では列車行き違いのための運転停車があり、千葉発館山行の普通列車がやってきました。
DSC00208
途中富浦、保田と停車し、浜金谷に到着。
東京湾フェリーを利用すれば三浦半島の久里浜に行くことができます。
3号車からもカップルが降車。
全体でも10名ほどが降車したでしょうか。
DSC00215
東京湾の向こうにかすかに三浦半島が見えました。
浜金谷から君津までは通過です。
485系の特急時代のような走りが見られました。
DSC00218
リゾートあわトレインは定刻に君津に到着しました。

DSC00219
総武線快速東京行の発車を待って幕張まで回送されました。