s-2
小平駅から青梅車庫まで都営バスの梅70乙系統に乗車しました。
DSC03171
梅70系統は青梅車庫から柳沢駅までが運行区間ですが、半数以上の便は途中の小平駅で折り返しています。
小平駅は南口の3番のりば、銀河鉄道と共用しています。
13時10分発青梅車庫行は12時50分頃には到着していて待機していました。
13時5分頃入線してきたのは中型ロング車のW-L640号車でした。
10名ほどが乗車して定刻に発車しました。
DSC03172
青梅街道に向けて南下します。

DSC03173
仲町交差点を右折し都道5号、青梅街道に進みます。

DSC03176
青梅街道は片側一車線の道路です。
この先西武線やJR線の線路と交差しますが、踏切で交差する階数が多くなっています。
DSC03178
青梅街道駅前で西武多摩湖線と交差しました。
白い新101系電車が国分寺に向けて発車しました。
DSC03180
武蔵野線新小平駅は駅舎は地上にありますが、線路は地下を通るため青梅街道からは駅舎しか見えません。
DSC03181
小平市内を走行します。

DSC03182
小川町交差点の先で西武国分寺線の踏切を通過します。
バスが踏切に差し掛かる前に電車が横切りました。
DSC03183
立川バスの路線バスとすれ違いました。

DSC03184
小平上町交差点、通称小川三差路で立川通りと分岐しました。

DSC03185
西武拝島線の東大和市駅が見えてきました。

DSC03186
青梅街道に沿って青梅橋交差点を右折すると西武線の高架下をくぐります。
高架をくぐったら東大和市に入ります。
DSC03187
青梅方向の東大和市駅バス停は駅前ロータリー内に標識があります。
乗降ともに多く、車内の大多数の乗客が入れ替わりました。
DSC03188
南街(なんがい)四丁目交差点のY字路を左に進みます。

DSC03189
奈良橋庚申塚交差点で新青梅街道と交差します。
バスはこのまま直進します。
DSC03191
奈良橋庚申塚交差点を直進して間もなく大和操車場に到着します。
乗客の乗降はありませんが、乗務員さんが交代しました。
つきあたりの奈良橋交差点を左折します。
DSC03196
貯水池下バス停の先からバスは武蔵村山市に入ります。

DSC03197
大曲り交差点を右折します。

DSC03199
武蔵村山市役所前で青梅車庫発小平駅行の梅70乙系統とすれ違いました。

DSC03202
岸バス停を過ぎるとバスは瑞穂町に進みます。

DSC03205
箱根ヶ崎交差点で都道166号、東京環状と交差します。
一部便は箱根ヶ崎駅に立ち寄りますが、この便は駅には寄らずに青梅街道を直進します。
DSC03206
八高線の踏切を渡ります。

DSC03207
瑞穂松原交差点で新青梅街道と合流します。

DSC03209
続いて箱根ヶ崎西交差点で国道16号線と交差します。
DSC03210
青梅まではあと7kmです。

DSC03211
西長岡バス停の手前で青梅市に入りました。

DSC03212
梅70系統と再度すれ違いました。

DSC03213
液晶の運賃表示機はバス発車の際に右半分に都営バス車両のイラストが表示されます。

DSC03214
西多摩保健所入口交差点を右折します。
小平からずっと走ってきた青梅街道からはずれました。
DSC03215
東青梅五丁目北交差点を左折し都道63号線、旧青梅街道に進みます。

DSC03216
成木街道入口交差点の先でJR青梅線の踏切を渡ります。

DSC03217
都営バスとすれ違いました。

DSC03218
青梅市中心部のいたるところで映画看板が立っていました。

DSC03219
青梅駅前交差点を右折します。

DSC03220
青梅駅の駅舎が見えてきました。
青梅駅前でほとんどの乗客がおりました。
青梅駅前交差点に戻り、右折して旧青梅街道に戻ります。
DSC03222
最後の区間は国道411号線を進みます。

IMG_4351
青梅車庫前バス停は国道411号線上にありますが、車庫が終点の系統は青梅支所の敷地内のバス停が終点となります。
定刻より10分ほど遅れて14時40分に青梅車庫に到着しました。