s-1
ウエストライナーに続いて高山から新宿まで濃飛バスのシュトライナーに乗車しました。
s-2
ウエストライナーが定刻14時17分に高山バスセンターに到着後、15時初の新宿行きを予約していました。
名神高速道路の事故渋滞のため1時間40分遅れで到着し、すぐに乗車券を購入し16時発の新宿行きに文字通り飛び乗りました。
車両は濃飛バスの2604号車。平成26年導入車両です。
高山バスセンターでは12名が乗車しました。
国道158号線を進みます。
s-3
松本市街まで約90kmの下道走行です。

s-4
濃飛バスの路線バスとすれ違いました。

s-5
続いて京王バスのシュトライナーとすれ違いました。

s-6
丹生川バス停は乗車がありませんでした。

s-7
小八賀川に沿って山道に入ります。

s-8
平湯温泉に入ります。

s-9
平湯温泉バスターミナルには16時53分に到着、
乗車扱いをしつつ、17時05分まで休憩となりました。
s-10
濃飛バス2604号車。

s-11
運転席横には運賃箱はなく、入口側に券売機が置かれていました。
平湯温泉では4名が乗車し、16名で新宿に向かいます。
s-12
 安房トンネルの料金所を通過します。

 s-13
トンネルで一気に安房峠を貫きます。
長野県に入りました。
s-14
狭隘な区間でも大型バス同士ですれ違うこともありました。
手馴れているこちらの方が譲ることがほとんどでした。
s-15
ダム湖が見えます。

s-16
もっとも狭隘区間のひとつ、こゆきなぎに入ります。

s-17
ダム本体が見えました。

s-18
平湯温泉出発から約1時間で松本インターチェンジに到着。
長野自動車道に入ります。
s-19
 諏訪湖サービスエリアで18時32分から50分まで休憩です。

s-20
順調に進み、長野県から山梨県に入ります。
3回目の休憩は釈迦堂パーキングエリアで19時49分から20時まででした。
s-21
神奈川県、東京都と進み、中央自動車道の八王子本線料金所を通過しました。
高速道路上の停留所は中央道日野で1名が降車したのみでほかの15名は新宿駅までの乗車でした。
s-22
高井戸出口から先は首都高速道路4号新宿線に進みます。
永福料金所を通過しました。
s-23
 首都高速道路も渋滞なくスムーズに進み、初台ランプで首都高速道路を降りました。

s-24
シュトライナーは定刻より10分ほど早く新宿駅西口に到着しました。
福岡から約23時間半かかってのりついで 4列シートだけで、三菱エアロエースだけで東京まで戻ってきました。