s-1
松本バスターミナルから新宿駅西口まで中央高速バスに乗車しました。
s-2
松本駅向かいにある、Ario松本の1階に松本バスターミナルがあります。

s-3
14時20分発新宿行きは2台運行で1号車は6番のりばに14時10分頃にやってきました。
1号車は京王電鉄バスのSクラスシートのある51009号車、2号車は同じく京王電鉄バスのモノクラスシートの50904号車でした。
s-4
車内1列目のふたりがけのSクラスシートを選択しました。

s-5
日曜日の午後の便ということで1号車には定員34名のうちすでに29名が乗車しました。
バスターミナルを出て、Ario松本に沿うように進み、松本駅お城口に出ます。
s-6
駅前で右折、高山から松本に到着するアルピコ交通便とすれ違いました。
国道158号線に進みます。
s-7
長野自動車道の松本インターチェンジ前の松本インター前バス停では数名がバスを待っていましたが、大多数が2号車に進み、1号車には1名が乗車しました。
s-8
松本インターチェンジより長野自動車道に入りました。

s-9
道路のわきには雪が残っています。
長野道神林バス停、乗車なし。
s-10
次の乗車バス停の長野道広丘野村バス停では数名が乗車待ちをしていて、1号車には2名が乗車しました。

s-11
みどり湖パーキングエリアに併設されている長野道みどり湖バス停が最後の乗車地となります。
1号車には1名が乗車し、33名で確定しました。
s-12
鉄道と同じ名称の塩嶺トンネルに入ります。
岡谷と塩尻をこのトンネルでショートカットします。
s-13
中央自動車道との岡谷ジャンクションに差し掛かり、この先は中央自動車道を進みます。

s-14
ジェイアール東海バスの中央ライナーなごや3号とすれ違います。

s-15
バスは山梨県に入り、松本バスターミナルを発車してから1時間20分ほどで双葉サービスエリアで休憩をします。
s-16
双葉サービスエリアでは15時41分から55分まで休憩でした。

s-17
白馬発新宿行きの京王バス東便が先に停車していました。
白馬八方12時30分発の5572便でしょうか。
松本発の2号車が追いつきました。
京王グループのエアロエースが3台並びました。
s-18
サービスエリア内の中央道双葉東で乗車扱いのため、バス停駐車スペースから離れた場所で岡谷駅発新宿行きの京王バス東3816便の51210号車がサービスエリアから発車していきました。
s-19
バスは順調に進み、大月市に差し掛かりました。
渋滞ポイントの一つ、笹子トンネルに入ります。
s-20
長いトンネルで、途中で外が見えるようになっています。
特に速度が落ちることもなく順調に東京方向に進んでいきます。
s-21
笹子トンネルを抜け、初狩付近で右はるか奥には中央本線の115系電車が見えました。

s-22
広域情報版ではこの先、小仏トンネルと国立府中インターから先でそれぞれ3kmの渋滞表示が現れました。
それでも日曜日にしては渋滞は短めでしょうか。
バスは神奈川県に入りました。
s-23
42kmポスト付近から渋滞が始まりました。
とはいっても動く渋滞で、ゆっくりながらも進んでいきます。
s-24
小仏トンネルを抜けると渋滞も解消し、東京都に入っても順調に走行します。
17時ころに八王子本線料金所を通過しました。
s-25
途中唯一の降車停留所である中央道日野では2名が降車しました。

s-26
中央道日野を過ぎてすぐに多摩都市モノレールの線路の下をくぐります。

s-27
反対車線には中央高速バスの飯田行きの伊那バスが。
14.8kmポスト付近から断続的に動く渋滞に入りました。
s-28
渋滞は調布インターの出口渋滞が原因で、約7km続きました。
その先も高井戸インターの出口には長い列ができましたが、首都高速道路方向は割合流れました。
s-29
初台で首都高速道路4号線を降り、国道20号線、甲州街道を新宿に向けて進みます。
双葉サービスエリアで一緒だった岡谷発の京王バスの後ろを進みます。
路上では中央高速バスの各方面へ向かう待機のバスが小休止していました。
貸切車両も駆り出されているようです。
s-30
双葉サービスエリア発車時点でこのバスは8分遅れでしたが、その遅れのまま17時40分に新宿駅西口に到着しました。