s-0
南房総市ロードレース千倉開催に伴う房総なのはな号の臨時便、新宿駅東口行に乗車しました。
s-2
ジェイアールバス関東の安房白浜駅、房総なのはな号はここから発車します。

s-3
14時25分ころにバスが入線しました。
房総なのはな93号と同じく東京支店所属のH654-04410号車、セレガRです。
奥に待機しているバスは左がこの後の東京駅行き房総なのはな40号になるバスです。
右の二階建てバスはあさ東京駅からの臨時便、房総なのはな91号で安房白浜に着たバスで、
房総なのはな40号の2号車になる予定です。
s-4
房総なのはな93号の時と違い、行き先表示は臨時 新宿駅東口となっていました。

s-5
車内は左側10列、右側11列の正座席42席でした。

s-7
夜行便でも使用できるように運転席と客席の間はカーテンが設置されていました。
わたしだけが乗車し、14時30分に発車しました。
s-8
並行する国道410号を避けるように進みます。
海沿いに出ました。
この日は台風20号の影響を間接的に受けていたのか、波が高い状態でした。
s-9
道の駅ちくら潮風王国の脇を通ります。
定期便の房総なのはな号は停留所がありますが、この便は通過します。s-10
千葉みなと駅12時5分発の南総里見号とすれ違います。
南総里見号は安房白浜ではなく1kmほど離れた白浜野島崎が終点となります。
s-11
ロードレースの最寄り停留所の朝夷商工会に到着します。
14名が乗車し、時間調整ののち14時45分に発車しました。
s-12
国道410号線に差し掛かりました。

s-13
千倉駅前に到着。
こちらでもロードレースに参加したと思われる7名が乗車しました。
s-14
県道187号線を進みます。
千倉駅を発車してすぐに内房線の踏切を渡ります。
s-15
トンネルに入り、南房総市から館山市に入りました。
千倉から東京に向かうときはいったん館山市に入りますが、再度南房総市を通ることになります。

s-16
内房線に沿って走ります。

s-17
途中、千歳駅前を通過します。
房総なのはな号、南総里見号ともに停留所がありますが、この便は臨時便のため停車しません。
s-18
稲交差点を左折し、国道128号線に入りました。

s-19
北条交差点を右折し、県道302号線に入ります。
館山駅東口交差点を左折すると館山駅に到着します。
館山駅に隣接してジェイアールバス関東の窓口があり、バスのりばも3バースあります。
房総なのはな号は1番のりばから発車します。
s-20
のりばの正面にはジェイアールバス関東の館山支店があります。
その右には日東交通/館山日東バスののりばがあり、千葉行きの南総里見号は日東交通の乗り場から発着します。
また、ジェイアールバス関東館山支店の向かいには日東交通館山運輸営業所兼館山日東バスの営業所があります。
館山駅では11名が乗車し、この便は33名で確定しました。
また運行管理者さんから国道127号線の混雑のため冨浦インターまで迂回運行の指示がありました。
乗務員さんは東京支店の方で、細かく道を確認していらっしゃいました。
s-21
館山駅東口交差点を左折し、県道302号線を進みます。

s-22
鶴谷八幡宮前を通りました。

s-23
平久里川を渡ります。
奥に見えるのはJR内房線です。
内房線よりも下流はすぐ東京湾です。
s-24
那古観音前交差点の先から国道127号線の混雑を避けた車が多くなってきました。

s-25
那古船形駅付近で内房線の下をくぐりますが、これが高さ3.4m制限でした。
ゆっくりとくぐり、屋根をこすることはありませんでした。
二階建てバスで運行する房総なのはな40号の2号車ではこの迂回ができなかったことでしょう。
s-26
崖ノ観音といわれる大福寺の前を走行します。

s-27
多田良交差点を右折します。

s-28
とみうら枇杷倶楽部前を通過します。
房総なのはな号の一部が停車し、東京駅からの下り便が停車していました。
s-29
今度は内房線の上を跨ぎます。

s-30
富浦インターから富津館山道路に入ります。
入ってすぐから渋滞が9kmとの表示です。
s-31
さっそく渋滞にかかりました。
救急車を先に通すのにも一苦労でした。

s-32
南房総市から富津市に入りました。
全く動かない時間は少ないのですが、時速20km程度のノロノロ運転が続きます。
s-33
最初の渋滞が終わってもすぐ次の渋滞があるようです。

s-34
富津金谷インターの先で東京湾が見えました。
海の向こうは久里浜のようです。
s-35
富津金谷インターの近くにある山の上にぽつんとある洋館を見ることができました。

s-36
富津竹岡インター付近で最初の渋滞は解消しました。

s-37
富津中央インター付近で次の渋滞が始まりました。
ここから館山自動車道に名前が変わります。
s-38
富津中央インター付近は部分的に片側二車線になっていましたが、車線減少の合流地点で渋滞となっていました。
s-39
富津市から君津市に入りました。

s-40
君津市に入ってすぐの君津パーキングエリアで16時49分から17時まで休憩を取りました。
こちらは最初からの予定通りの休憩です。
この時点で約1時間遅れとなっていました。
s-41
休憩が終了して本線に戻ると、館山駅前を15時30分に発車した南総里見号、館山日東バス便が追いついていました。
あちらは途中休憩が設定されていません。
s-42
君津インター出口で渋滞が解消されました。

s-43
木更津羽鳥野バス停に停車する南総里見号を追い抜きました。
あちらは乗降ともに取り扱いします。
s-44
この先、館山自動車道を進むと渋滞は11kmで通過に40分ほどのようです。

s-45
東京湾アクアラインは渋滞15kmで通過に100分かかるようです。

s-46
木更津ジャンクションに差し掛かりました。
所定のアクア連絡道に進みます。
s-47
木更津ジャンクションから早速渋滞です。
この渋滞はとまって動かなくなることが多かったです。
s-48
日東交通グループのバスが並行する国道409号にいました。
安房鴨川発東京駅・浜松町行きのアクシー号でしょうか。
国道409号も長い渋滞となっていて、下道迂回もできるような状態ではありませんでした。
s-49
道路は木更津市と袖ヶ浦市を通過し、再度木更津市に入りました。

s-50
木更津ジャンクションから木更津金田インターまで約1時間かかりました。

s-51
東京湾アクアラインの木更津料金所に差し掛かりました。
国道409号からあがってくる車両も多く、渋滞は解消しそうもありません。
s-52
アクアラインの橋の部分に差し掛かりました。
海ほたるパーキングエリアまであと3km。
駐車場は混雑しているようです。
s-53
進行方向右側遠くに小さく東京スカイツリーの明かりが見えました。

s-54
東京タワーの明かりも見えました。

s-55
海ほたるパーキングエリアの下の東京湾アクアトンネルに入ります。

s-56
トンネルに入って約2km進んだところで渋滞は解消されました。
制限速度の80km/hまでは出せる状態になりました。
s-57
トンネルの上り坂で再度流れは悪くなりましたが、浮島ジャンクションはスムーズに通過しました。
首都高速湾岸線に進みます。
s-58
多摩川トンネルを通過中に東京都に入りました。

s-59
羽田空港の間を通過します。

s-60
大井料金所の手前で関東バスの羽田空港発吉祥寺駅行と

s-61
東京ベイシティ交通の羽田空港発新浦安方面・潮音の街(しおねのまち)行に抜かれました。

s-62
木更津ジャンクションで表示されていた湾岸線の渋滞には遭いませんでした。

s-63
バスは東京港トンネル→レインボーブリッジ経由ではなく、大井連絡橋経由でした。
首都高速1号羽田線に進みました。
s-64
東京モノレールの浜松町行区間快速に抜かれました。

s-65
渋滞の定番ポイント、芝浦ジャンクション、浜崎橋ジャンクションで軽い渋滞になりましたが、5分ほどで両ジャンクションを通過、都心環状線外回りに進みます。
s-66
芝公園付近では近くに東京タワーが見えました。
都心環状線の流れは順調です。
s-67
三宅坂ジャンクションから4号新宿線に進みます。
外苑から永福まで渋滞のようです。
s-68
新宿ランプで首都高速を降りました。
外苑からの渋滞には当たりませんでした。
s-69
新宿中央公園北交差点を右折します。
つきあたりの東京モード学園前を左折します。
s-70
新都心歩道橋下交差点を斜め右に進みます。

s-71
大ガード下を通り、新宿大ガード西交差点を右折します。

s-72
新宿駅東口交差点を右折します。
草津温泉からの上州ゆけむり号が先に駅構内に入っていきました。

新宿駅東口交差点から新宿駅東口降車バス停までの様子です。

s-74
房総なのはな94号は1時間50分遅れで新宿駅東口に応じて到着しました。