s-2
9月23日に行われた、ロードレース千倉に伴う臨時便として、東京駅八重洲口と新宿駅新南口から臨時便が各1便運行されました。
普段は運行されない新宿駅発着便に乗車しました。
s-2
代々木駅東口から徒歩2分のところに新宿駅新南口のJRバスターミナルがあります。

s-3
房総なのはな93号はこのターミナルから最初に発車する便になっています。
6時25分ころにバスが入線。
ジェイアールバス関東東京支店のH657-04410号車、セレガRのハイデッカー車がやってきました。
s-4
LEDの行き先表示はJRバス関東で、前ガラス面左側に房総なのはな号 館山・安房白浜と印刷された紙片で表示されていました。
s-5
正座席42席となっていて、新宿駅で37名が乗車しました。

s-6
バスターミナル横には新宿7時00分発のスーパーあずさ1号となるE351系が待機していました。

s-7
係員さんの誘導で6時30分に発車しました。

s-8
高島屋横から明治通りに進みます。

s-9
新宿四丁目交差点を左折し、甲州街道に入り、JR線の線路を越えます。
西新宿二丁目交差点を右折します。
s-10
京王プラザホテル前の交差点を左折します。
新宿ではあまり見ない印象の西東京バスの路線タイプ車両とすれ違いました。
都庁の間を通り、新宿中央公園南交差点を左折します。
s-11
津和野発のいわみエクスプレス、石見交通便とすれ違いました。

s-12
新宿ランプから首都高速4号新宿線に入りました。

s-13
外苑ランプ付近で立川発の羽田空港行シティバス立川のリラックマバス5号車に抜かれました。

s-14
三宅坂ジャンクションから都心環状線内回りに入ります。

s-15
さらに谷町ジャンクションで3号渋谷線が分岐していきました。

s-16
左奥に東京タワーが見えます。

s-17
浜崎橋ジャンクションで1号羽田線に進みます。

s-18
1号線に入ってすぐ、芝浦ジャンクションで11号台場線に進みました。

s-19
これからレインボーブリッジをわたります。

s-20
レインボーブリッジから晴海ふ頭が見えます。

s-21
有明ジャンクション手前からパレットタウンと大観覧車が見えてきました。
有明ジャンクションから湾岸線西行きに入りました。

s-22
東京港トンネルをくぐると左手にJR東海の新幹線の基地が見えます。

5
湾岸線の左右に羽田空港のターミナルがあります。
空港南トンネルの手前で高速道路の上を日本航空の飛行機が誘導路を走っていきました。
s-23
トンネルをくぐり神奈川県に入り、川崎浮島ジャンクションから東京湾アクアラインに入ります。

s-24
全長9600mの東京湾アクアトンネルに入ります。
三連休の最終日ということもありトンネル最終区間の上り坂までは流れは順調で、
上り坂で速度が落ちるところのみ流れが若干悪くなりましたが渋滞までにはいたりませんでした。
s-25
トンネルを抜け、海ほたるパーキングエリアに差し掛かりました。
この時点では海ほたるパーキングも収容に余裕がありました。
s-26
アクアラインの橋の部分を走行します。
この時点で千葉県に入っています。
s-27
橋を渡り木更津本線料金所を通過しました。

s-28
アクア連絡道を走行します。
内房線の線路をまたぎました。
s-29
右側には木更津市の住宅街が見えます。

s-30
木更津ジャンクションから館山自動車道に進みます。

s-31
木更津南インターへの木更津南ジャンクションを直進します。

s-32
京成バスとグループ会社の一部路線が停車する館山自動車道上に設置された木更津羽鳥野バス停を通過します。
s-33
君津インターの先は片側1車線の道路になります。

s-34
富津中央インター付近で東京湾が遠くに見えました。

s-35
上りの房総なのはな号と頻繁にすれ違います。
富津竹岡インターから先は富津館山道路と名称が変わります。
s-36
富浦インターで富津館山道路も終点となり、高速走行が終了しました。
以降は一般道路の走行です。
s-37
富浦インターの料金所を通過しました。
国道127号を館山方向に走行します。
s-38
館山市に入りました。
最初の停車停留所は館山駅です。
臨時便のため、車内放送は用意されておらず、案内は乗務員さんの肉声放送でした。
s-39
館山駅での降車がいないことを確認して、館山駅に入らず、国道128号線、内房黒潮ラインに入ります。

s-40
稲交差点を右折し、県道187号線に進みます。

s-41
県道187号線は内房線の線路に沿って進みます。

s-42
千倉駅の手前で踏切を渡ります。

s-43
日東交通運行の房総なのはな18号とすれ違いました。

s-44
千倉駅からのロードレース会場へのシャトルバスが運行されていました。

s-45
先ほど房総なのはな18号とすれ違った交差点を左折すると千倉駅です。

s-46
駅の降車停留所に停車しましたが、降車はありませんでした。

s-47
県道187号から県道241号へ進み、つきあたりは海でした。
右折して、国道410号、房総フラワーラインに進みます。
s-48
北朝夷交差点を左折、国道410号がやや内陸に入るのと対照的にさらに海沿いの道を走ります。

s-49
千倉漁港に先ほど千倉駅で見かけた館山日東バスのシャトルバスが止まっていました。

s-50
ロードレースの選手でにぎわう千倉漁港のそばの朝夷商工会停留所がスタート地点最寄の停留所です。

s-51
東京駅からの臨時便、房総なのはな91号に追いつきました。
あちらは青春エコドリーム号で使用している2階建てバス、4列シート車が充当されていました。
朝夷商工会でわたし以外の36名が降車。
乗務員さんがわたしが安房白浜まで乗車することを確認して発車しました。
s-52
途中何箇所かに漁港があり、漁船が係留されていました。

s-53
千倉大橋を渡ります。

s-54
国道410号が海側に出るところで交差し、今度は内陸側に進みます。

s-55
構内に入り、先に到着した房総なのはな91号(手前)が待機しています。

s-56
バスは定刻に安房白浜に到着しました。

s-57
乗務員さんはここで休憩をし、折り返し房総なのはな94号になりました。
なお、房総なのはな91号で東京駅から来た二階建てバスは折り返し安房白浜15時05分発の房総なのはな40号東京駅行の2号車になったようです。