s-5
2013年7月から運行開始した、リラックマバス5号車に乗車しました。
s-2
羽田空港国際線ターミナル4番のりばから立川行きのバスは発車します。
今回乗車したのは、羽田空港国際線14時00分発です。
s-3
発車時刻の3分前にシティバス立川のリラックマバスがやってきました。

s-4
座席モケットは水色と黄色のリラックマ柄になっています。
カーテンもリラックマ柄です。
s-5
窓はT字窓になっていますが、上部にはリラックマのシートが張られています。

s-6
小田原機器製の運賃箱にもリラックマがラッピングされています。

s-7
リラックマに合わせて希望ナンバーを取得、ゴロゴロのごろ合わせです。
国際線ターミナルでは3名が乗車しました。
s-8
国際線ターミナル内の道路を一周し、つきあたりを右折します。

s-9
空港滑走路の下をトンネルでくぐります。

s-10
羽田空港第2ターミナル14番のりばに到着、第2ターミナルでは14名が乗車しました。

s-1
第2ターミナルの次は第1ターミナルに停車、ここで13名が乗車し、30名で立川に向かいます。

s-12
空港中央ランプより、首都高速道路湾岸線に入ります。

s-13

大井本線料金所を通過します。
昼間は混雑することが多く、2時間ほど前は東京港トンネルを先頭に空港中央まで渋滞していましたが、
ここまでは順調に来ました。
s-14
大井ジャンクションから大井連絡橋へ向かいました。
1号羽田線に向かいます。
s-2
1号線は東京モノレールと並行し、天王洲アイル付近で羽田空港第2ビル行きすれ違いました。

s-17
品川付近では東京海洋大学の実習船がありました。

s-18
芝浦付近は運河が張り巡らされています。
東京モノレールの線路が離れていきました。
s-19
こちらも渋滞スポットである11号台場線との芝浦ジャンクションの合流や、
都心環状線と合流する浜崎橋ジャンクションも特段の混雑がなくスムーズに環状線外回りへ進みます。
この日は内回りの銀座方向が混雑していました。
s-20
芝公園付近では右側に東京タワーを見ることができます。

s-21
交通量は多めながら渋滞で止まることまでにはならなかった都心環状線外回りを走ります。

s-22
霞が関トンネルを過ぎて三宅坂ジャンクションで4号新宿線に進みます。

s-23
赤坂見附のオーバーパスの横を通過します。

s-24
代々木のドコモタワーが見えてきました。

s-25
高井戸インターを過ぎて、首都高速道路から中央自動車道に入りました。

s-26
三鷹本線料金所を通過しました。

s-27
調布インターを過ぎて、遠くによみうりランドの観覧車やジェットコースターを見ることができました。

s-28
東京競馬場の横を通過します。

s-29
国立府中インターで中央自動車道を下ります。
インターを出て、左に進みます。
s-30
国道20号、日野バイパスを八王子方向に進みます。

s-31
国道20号から都道20号への側道に進みます。
石田大橋北交差点を右折します。
s-32
つき当たりの矢川三丁目交差点を左折し、日野バイパスができるまでは国道20号線でした、都道256号甲州街道に進みます。
s-33
みのわ通り入口交差点を右折、みのわ通りに入ります。

s-34
みのわ通りを全区間走行し、つき当たりのみのわ通り北交差点を左折、立川南通りに入ります。
途中で国立市から立川市に入りました。
s-35
市民会館西交差点を右折、都道16号、立川通りに入ります。

s-36
南武線と中央線の線路の下をくぐります。

s-37
東橋交差点を左折します。
信号待ちの間にパレスホテル立川発羽田空港行きシティバス立川便とすれ違いました。
s-38
15時30分に立川駅北口バスターミナル13番のりばに到着、25名が降車しました。

s-39
15時35分に終点のパレスホテル立川に到着。
成田空港行の成田空港交通便が停車していたため、ホテルの少し先で降車扱いをしました。