s-8
メリーバード号は米子線と鳥取線がありますが、米子線は庄原インターから国道183号線で県境を越える路線です。
広島発着の陰陽連絡バスで一般道で県境を越える路線はメリーバード号のほかには広島~益田線の戸河内経由と広島~大田市間の石見銀山号のみとなっています。
(2013年7月21日、修正いたしました、ありがとうございます。)
そのメリーバード号も2013年7月20日からは松江自動車道経由となります。
経路変更前に広島バスセンターから米子駅前までメリーバード号に乗車しました。
s-2
広島バスセンターの9番のりばは山陰方面への高速バスが発車します。
10時発に先ほどの戸河内経由益田行きのバスが発車するため、入線は発車5分前でした。
車両は広島電鉄のミリオン塗装といわれるみどりとオレンジと黄色のラインの入った三菱エアロバスでした。
s-3
座席間に肘掛のある、いわゆるワイドシートなのですが、補助席があるという珍しい座席配置になっています。
客席の窓には緑色のスモークが貼られています。
s-4
広島バスセンターで14名が乗車しました。
広島バスセンターの坂を下り、左折し、城南通りに入ります。
s-5
中広通りとの交差点を過ぎると広島高速4号線に入ります。

s-6
高速4号線は広島西大橋と西風(せいふう)トンネルから構成されています。
西風新都地区と横川駅、広島バスセンターを結ぶ広島電鉄バスが頻繁に運行されていて、
広島バスセンター行きが西風トンネルを出てきました。
s-7
全長3,876mの西風トンネルに入ります。

s-8
4分弱で西風トンネルを抜けるとすぐに沼田料金所を通過します。
その先の交差点を右折すると広島市立大学のキャンパスがあります。
バスは直進します。
s-9
大塚(おおづか)駅では乗車はなく、バスは14名で確定しました。
乗務員さんから空いている席に移動してよい旨の案内がありました。
s-10
丘陵地帯でアップダウンのある西風新都内の道路を通り、広島自動車道に向かいます。

s-11
広島西風新都インターより、広島自動車道に入りました。

s-12
広島自動車道に入って三次、庄原、山陰方面からのバスと次々にすれ違います。
米子発広島行の初便は日本交通便でした。
s-13
太田川にかかる太田川橋を渡ります。

s-14
広島北インターから中国自動車道に入ります。

s-15
山口からの中国自動車道が広島からの広島自動車道に合流するような道路の作りになっていました。

s-16
次の千代田ジャンクションで浜田自動車道が分岐しました。

s-17
広島から約30分おきにバスが運行されている広島県北部の中心都市三次市内に通じる三次インターを通過しました。
s-18
三次インターを過ぎてすぐに、今年3月に開通した松江自動車道と分岐する三次東ジャンクションを通過しました。
7月20日以降は松江自動車道に進むことになります。
s-19
メリーバード号は七塚原サービスエリアで11時27分から35分まで休憩となりました。
ここでの休憩はあと6日間となりました。
s-20
バスの側面には行き先板がついていました。

s-21
バスが発車し、庄原インターで高速道路を下りました。

s-22
約100km一般道を走行します。

s-23
バイパスの高(たか)道路を走行します。

s-24
高道路が終了し、国道を進むと右側に芸備線の線路が近づきました。
しばらく併走します。
s-25
平子駅付近で踏切を渡り、線路の右側を走行しました。

s-26
旧西城町(現庄原市)を走行しています。

s-27
広島県に管理が委託されている国道の標識には地名にもみじのイラストが描かれています。

s-28
このあたりでは右側に西城川と並行しています。

s-29
JR木次線と並行する国道314号線との分岐には信号機はありませんでした。
国道314号線は広島県民の森や奥出雲おろちループに通じる道です。
s-30
木次線の下をくぐります。

s-31
小鳥原付近のJR芸備線の高架線をくぐり、線路から離れ、国道183号鍵掛(かっかけ)峠越えに挑みます。

s-33
高規格道路の整備計画がありますが、現在は急カーブの連続で、乗務員さんの運転技術で坂を上がっていきます。
冬季は国道54号へ迂回することもよくありました。
s-33
最高点を過ぎ、鳥取県に入りました。

s-34
ところどころに急カーブが現れます。

s-35
特急便は自動車専用道路の生山道路を数km走行します。

s-36
かすみインターの入口にある日南バス停は降車なく通過。
広島方向のバス停にはカメラで広島電鉄の車両を撮影する方がいらっしゃいました。
s-37
生山道路は片側一車線の道路です。交通量はほとんどありませんでした。

s-38
生山道路の完成で旧道は国道183号線の指定をはずされました。
旧道を路線バスが走ります。
s-39s-40
さくら橋、つつじ橋と花の名前のついた橋を渡ると生山道路は終点。

s-41
JR伯備線の高架をくぐると国道180号線との重複区間に入ります。
普通便は伯備線に沿ったルートを走行しますが、この便は特急便で米子市への短絡路を走行します。
s-42
菅沢ダムのダム湖である日南ダムと、
五輪峠を越えて下り坂に賀祥ダムのダム湖である緑水湖を通ります。
s-43
南部町役場に程近い法勝寺バス停は降車なし。
14名全員が広島バスセンターから米子駅前までの乗車でした。
s-44
日ノ丸自動車の路線バスとすれ違いました。
米子市南部、南部町は日ノ丸自動車のエリアのようです。
s-45
バスは米子市に入りました。
終点まではあと少しです。
s-46
高架橋をわたり、JR山陰本線の電化された線路を越えます。

s-47
メリーバード号は定刻の13時35分に米子駅前の9番のりばに到着しました。
折り返しは18時10分で広島に戻るようです。