s-1
東京駅八重洲南口から名古屋駅新幹線口までJR東海バス担当便の新東名スーパーライナー5号に乗車しました。
s-2
東京駅八重洲南口1番のりばに10時20分頃、新東名スーパーライナーになる2階建てバスのエアロキングが入線しました。
s-3
車両は744-10991号車、エアロキングでは最も新しい部類の車両です。
ステッカーが貼付されていますが、2階席前方6席はビジネス・シートとなっています。
s-4
JR東海バスは2箇所の出入口のうち前扉から乗降を行う独特なシステムのようです。
一階席は3列シートが前後に3列並んでいました。
s-5
二階に上がり、ビジネス・シートの1A席に座ります。
座面が従来の3列シートより広いため、A席とB席がくっついています。
両席の間にはパーテーションで区切られ、リクライニングしたときも仕切りの後ろの布で隣席が見えないようになっています。
s-6
ビジネス・シートは6名中4名、普通席は27席中25名が乗車し合計29名で東京駅八重洲南口を出発しました。
途中の乗降がないため、この人数で確定です。
s-7
国会議事堂の前を左折して、首都高速道路都心環状線内回り霞ヶ関入口より高速走行に入りました。

s-8
普通席も含めて座席にはコンセントがついていて、Wi-Fiのサービスもあり、パソコン、スマートフォンともに接続できました。
s-9
バスは谷町ジャンクションから首都高速3号渋谷線に入りました。
金曜日で上り線は渋滞していましたが、下り線は順調に走行できました。
s-10
用賀を過ぎ首都高速道路から東名高速道路になりました。

s-11
多摩川を渡り、神奈川県に入りました。

s-12
11時頃に東京料金所を通過しました。

s-13
料金所を通過してすぐのところにある東名向ヶ丘停留所に停車している東京駅10時20分発急行静岡駅行(ジェイアールバステック)を抜きました。

s-14
ほとんどの昼行便が停車する東名江田バス停を通過しました。

s-15
渋滞の名所である大和トンネルもすんなりと通過しました。

s-16
大井松田~御殿場間の下り4車線区間は左ルートを選択。

s-17
順調に走行を続けます。

s-18
最初の休憩地である足柄サービスエリアには11時55分に到着、12時10分まで休憩になりました。

s-19
路線バスプールには京王バス東の渋谷・新宿ライナー静岡53号が停車していました。

s-20
JR東海バスの車両は2階席前部にワイパー機器が付いていますが、
ビジネス・シートの足元は広々としていて前部の壁に足が付かないほどです。
s-21
側面の壁には折りたためるテーブルと座席肘掛にも収納式のテーブルがありました。


s-22
前面の表示はスーパーライナーとなっていました。

s-23
東京駅を10時10分に出発した青春昼特急9号に追いつきました。

s-24
足柄サービスエリアを出発し、御殿場ジャンクションから新東名高速道路に入りました。

s-25
左手遠くに海岸線と街並みが見えます。
沼津の街でしょうか。

s-26
新清水ジャンクションの手前で同じくビジネス・シート搭載の新東名スーパーライナー4号とすれ違いました。

s-27
新清水ジャンクションを通過しました。

s-28
左手遠くに今度は静岡の街が見えました。

s-29
安倍川?を通過しました。

s-30
バスは2回目の休憩箇所、遠州森町パーキングエリアで13時36分から52分まで休憩となりました。

s-31
遠州森町パーキングエリアへのアプローチ道路。
パーキングは本線より高い位置にあります。
s-32
パーキングエリアのお店に横付けされる位置にバススペースがあります。

s-33
バスは発車し、再度新東名高速道路を走行します。
道路は空いていました。
ここまでほぼ定時運行のようです。
s-34
浜松いなさジャンクションの標識が現れ、新東名高速道路の暫定の終点となります。

s-35
引佐連絡道路を南下し、三ヶ日ジャンクションを目指します。

s-36
三ヶ日ジャンクションに進み、バスは右に進路を取ります。

s-37
東名高速道路に入りました。
JR東海バスのエアロキングとすれ違いました。
s-38
愛知県に入り、制限速度60km/hの暫定3車線区間に入りました。

s-39
阪急観光バスの貸切車や

s-40
東京駅を9時40分に出発し、こちらが新東名高速道路経由でショートカットしていたため後れを取っていたプレミアム昼特急7号に追い抜かれたり、
s-41
SUBARUのロゴのついた白ナンバーのボルボ・アステローペに抜かれたりました。

s-42
バスは豊田ジャンクションで東名高速道路から伊勢湾岸自動車道に進路を取り、
さらに名古屋南ジャンクションで名古屋高速道路3号大高線に進みました。s-43
3号大高線を北上し、右回りしかない名古屋高速都心環状線、5号線と進みます。

s-44
黄金ランプで名古屋高速道路を下り、一般道路で名古屋駅を目指します。

s-46
車内放送が流れ、間もなく名古屋駅新幹線口に到着します。
ジェイアール名古屋高島屋の建物が見えてきました。
s-47
新東名スーパーライナー5号はほぼ定刻の15時38分に名古屋駅新幹線口のバスターミナル5番乗り場に到着しました。