s-1
大宮から船橋まで乗りとおした東武野田線の後半、柏から船橋までです。
柏13時14分発船橋行に乗車しました。
s-2
柏を発車してすぐに左に進路をとり、大宮方向の線路とすぐにわかれ、

s-3
常磐線を高架で跨ぐところで柏行とすれ違いました。

s-4
高架駅の新柏。

s-5
増尾付近で2本目の柏行とすれ違いました。

s-6
逆井から先は再度単線になります。

s-7
高柳では3回目の柏行とのすれ違いでした。

s-8
六実は留置線もあり、3番ホームまでありました。

s-9
六実から船橋までは複線区間です。

s-10
北総(成田スカイアクセス)線、新京成線と交差する新鎌ヶ谷駅で柏行とすれ違いました。

s-11
鎌ヶ谷は高架駅でした。

s-12
馬込沢の手前で柏行とすれ違い、

s-13
電車は馬込沢に着きました。
馬込沢の地名は鎌ヶ谷市のそれですが駅は船橋市にあり、このあたりの鎌ヶ谷市に囲まれた中に船橋市の飛び地があります。

s-14
塚田。

s-15
高架駅の新船橋。
新船橋駅の近くに最近ショッピングセンターができました。
s-16
大宮から62.7km走行し、約1時間40分で終点の船橋に到着しました。

s-17