s-2
中央自動車道の笹子トンネル崩落事故により通行止めとなっていた中央自動車道大月ジャンクション~勝沼間が途中区間交互通行で開通となったため、再度中央高速バスで甲府まで往復しました。
s-1
新宿西口高速バスターミナル、前回は京王バス東と富士急平和観光で往復したため、
今回は新宿10時40分発の山梨交通担当便を選択しました。
ケータイ乗車票で乗車すると乗務員さんからラミネートされた紙片を渡されました。
降車時は携帯電話の画面提示を免除されました。
s-2
10時30分頃から改札開始、新宿では6名が乗車しました。
前に停まっている富士急行の平野行きと一緒に発車しました。
s-3
バスは甲州街道を進み、初台から首都高速4号線に入りました。
高速に入ってすぐに平野行を追い抜きました。
s-4
首都高速道路から中央自動車道に変わり、三鷹料金所を11時前に通過しました。

s-5
若干かすみつつも、府中付近では富士山を見ることができました。

s-6
歌に出てくるように、右手に(東京)競馬場や

s-7
左側に(サントリー)ビール工場も見ることができました。
なお、最前列左側は予備席となっています。
s-8
この便は特急便のため、中央道上のバス停は中央道日野のみの停車です。
日野には11時10分に到着、乗車がなかったため、すぐに出発、乗客は6名で確定しました。
s-9
八王子本線料金所を過ぎ、圏央道の八王子ジャンクションも過ぎ、バスは順調に走行します。

s-10
小仏トンネルを過ぎるとバスは神奈川県に入りました。
平日の昼間ということで、道路はすいています。
s-11
11時30分頃、上野原インターの手前でバスは山梨県に入りました。

s-12
下り車線の盛り土付近の日の当たらない箇所では雪が残っていますが、日の当たる側には雪は残っていません。
s-13
前回は流出となった大月ジャンクションは本線を進みます。

s-14
大月を過ぎると中央本線と並行して走ります。
見づらいですが、石油貨物列車が松本方向に走っていきました。
s-15
大月ジャンクションを過ぎて7,8分後、対面通行区間に入りました。
まず、下り線を絞って一車線にします。
s-17
その後、上り車線がくだりの右車線を使用します。
アルピコ交通とすれ違いました。
s-18
そしてバスは全長4,717mの笹子トンネルに入ります。
制限速度は40km/hです。
s-19
トンネルの中です。
特に上り線はネクスコ中日本のペースカーが入り帯列状態となっていました。
s-20
およそ5分ほどで笹子トンネルを抜けました。
勝沼インターの手前までは交互通行が続きます。
s-21
交互通行が解除され、片側2車線になりました。

s-22
12時頃に勝沼インターから高速道路を降りました。
勝沼停留所は降車なし、
s-23
一宮バス停では降車ボタンが押され、1名が下車しました。

s-24
バスは国道20号から県道302号へと進みます。

s-25
石和温泉駅近くの石和バス停には12時15分到着、1名が下車しました。
残りの4名は甲府駅まで乗車しました。
s-26
バスは国道411号線を走行し、身延線の善光寺駅の高架をくぐると大きく左にカーブします。

s-27
バスはほぼ定刻の12時37分に甲府駅に到着しました。

s-28
バスターミナルには名古屋発のJR東海バス、名古屋ライナー甲府号が到着していました。
あちらは竜王まで一区間運行するため先に発車していきました。